利用目的に関する限定が特に無いキャッシング

By: Simon Cunningham

銀行には、融資に関連する商品が々あります。もちろんキャッシングなどもその1つになりますが、その商品は目的に関する特長があるのです。なぜなら様々な目的のために、借りたお金を利用する事ができるからです。そもそも銀行などが扱っている商品によっては、目的がある程度限定されているタイプも見られます。例えば教育関連の商品ですね。いわゆる学資目的に特化している商品なども見られるのですが、あれは利用目的はかなり限定される事になります。

その借りたお金は、必ず学費に充当しなければなりません。極端な話ですが、ギャンブルなどに用いてはならないのですね。ちなみにその教育関連の商品の申込をする時は、必ず銀行によるチェックが入ります。上記の利用目的に関する事は必ずチェックされますので、ギャンブルなどに用いることはできないのですね。また不動産物件に関連している商品も見られます。いわゆるマイホームなどを購入する時に、どこかの会社から資金を調達している方も多いのですが、もちろんその場合はマイホーム購入に限定される事になります。

このように理由使用開けるタイプの商品によっては、目的がかなり限定されているものが見られるのですが、キャッシングの場合はそうではないのですね。基本的に利用目的は自由になるのです。上記のようなギャンブルなどに用いても一向に構いませんし、個人的な趣味や買い物などに用いても全く問題はありません。もちろん前述の教育資金や不動産に関連する商品でも、何も問題は無いのですね。つまり利用目的が限定されていないのが、その融資商品の特徴の1つと言えるでしょう。

利用できるものがある程度限定されてしまうと、ちょっと窮屈な一面があるでしょう。しかしその融資商品は自由度が非常に高いので、ある意味それはメリットの1つだと考えられます。ですので個人的な趣味などのために資金調達を希望する方は、その目的が限定されていない商品を利用している事も非常に多いですね。