キャッシングに関わる業務には正確さが求められる

By: Derek Midgley

金融会社というのは、色々と正確性が求められる一面があります。なぜならその会社では、多くの方々のお金を取り扱っているのです。そもそもお金というのは、色々とトラブルになりがちですね。数字が1桁間違っているだけでも、大変なトラブルになってしまいかねないのです。そして、もちろんキャッシングも金融関連の商品の1つになります。上記で申し上げたような事は、その融資商品にもそのまま該当します。

例えば毎月返さなければならない額が、2万円になっているとしましょう。ところが金融会社が入力ミスをしてしまって、20万になってしまったとします。という事は、毎月20万も返さなければならなくなってしまうのですね。桁が1つ違ってしまうと、大変な事になります。

また年間所得なども、大きなポイントになってきます。年間所得の聞き間違いなどがありますと、やはり後になって重大なトラブルになりかねません。本来であればもっと多く借りれる筈なのに、その所得の聞き違いが発生していたことで、借りれなくなってしまうのは大変悲しいでしょう。

上記のようなミスが発生する確率は、実際には極めて低いです。なぜなら現在の金融業界では、独自のシステムを用いてそれらの数字を算出しているのです。何か数字の計算上のミスが発覚した時には、必ずシステムで直ちに分かるようになっているのですね。ですのでミス発生率は低めではありますが、それでもごく稀にトラブルが発生しているようです。やはり金融会社としても人間なので、いわゆるヒューマンエラーが発生する事もごく稀にあるのでしょう。

つまりキャッシングを取り扱う金融会社としては、やはりミスは許されないのですね。上記のような金額一桁のミスが発生するだけでも、相当大きなトラブルが発生してしまいかねないからです。ですのでそのお仕事は、数ある業界の中でも、難易度は比較的高いと言われています。キャッシングのオペレーターの方々としても、ミスが発生しないよう細心の注意を払っているようですね。
参考:キャッシング比較の巨匠.jp

おまとめローンとは、どんなローン商品なのか

By: Inchka

銀行や消費者金融のローン商品、「おまとめローン」は、債務者が契約している複数のローンを一つにまとめ、新しいローンとして組み直すものです。具体的に説明しましょう。

A、B、C、3社から、それぞれ「50万円・18%」、「70万円・15%」、「30万円・17%」の条件で借り入れをしているとします。D社とおまとめローン契約を結ぶと、D社はABC社の借入金を合計した額に新たな金利を設定し、たとえば「借入金150万円・金利10%」というローンにします。

このあとは、契約者はD社に対して返済をしていきます。ABC社とは関わる必要はなくなります。複数の金融機関から借り入れをしていると、返済日もばらばらで煩雑になりがちですが、おまとめローンを利用することで返済を一本化でき、管理がしやすくなります。また、おまとめローンではもとよりも低い金利が設定されることが多いですから、返済額もおさえることができます。

これがおまとめローンの仕組みですが、でも、はじめに契約していたABC社は何となく損をしているような気がしませんか。実は、おまとめローンを結ぶと、その時点でD社はABC社の貸付金をすべて完済してしまうのです。そののちに、D社が、いわば肩代わりした分を新規の契約にして債務者に貸し付ける、というのが実際のからくりです。

金融機関にとって一番困るのは貸付金が回収できなくなることですから、未返済になっていた貸付金をD社が弁済してくれるのは、ABC社とっては大歓迎です。そして、D社はというと、10%の金利分が利益になって返ってくることになります。

ちょっと聞くと債務者の救済策のようですが、やっぱり損得で成り立っている商品なのですね。とはいえ、うまく活用すると債務者にとって便利でお得なことに変わりはありません。ただし、新たに設定された金利によっては、トータルの返済額が思ったほど減らない場合もあります。各金融機関に返済した場合の返済額を計算して、おまとめローンでどのくらいの金利であれば返済が楽になるか、大体の目安を持っておくとよいと思います。

キャッシングのおかげでお金のことはずいぶん助けられています

By: Lydia

お金の使い方がそんなに上手では無い私なので、キャッシングを利用してお金を借りて、お金が足りなくて困ったりすることを無くしています。お金が無くなって来て、急遽お金を借りることもありますし、計画を立てておいてお金を借りることもあります。

キャッシングだと私が好きなようにお金を借りることが出来るので、とても利用しやすいですし、助けられているなといつも感じています。借りることが出来る限度額は十分にあるので、借りたいなと思う金額をしっかりと借りられていますし、何回もお金を借りることが出来るのがいいです。

キャッシングを利用するようになってからは、お金のことで悩んでいることが減ったのでよかったです。給料日までお金が無いと悩むことも無くなりましたし、飲み会とかが続いてもキャッシングでお金を借りれば、ちゃんと参加をして楽しむことが出来ています。

いくらお金を好きなように借りられるといっても、無駄に借りたりすることはなく、返済のことは借りることよりも真剣に考えています。お金を全く使わない時期もあるので、その時は返済を多目にしていきますし、お金を借りたりせずにお金を貯めています。

キャッシングの利用の仕方をちゃんと考えることで、キャッシングと上手く付き合えていると思っています。好きな場所で好きな時にお金を借りたり返済をしたり出来るキャッシングは本当に便利です。だからこそ、利用の仕方を間違えたりしないようにしたいですし、お金を借りすぎてしまって困るというような事態にはならないようにしたいです。

ネットやお店でと色々な方法でお金を借りることが出来るのも評価したいです。借りる人のことをよく考えて作られているのがキャッシングなのだなと感じます。私は満足をして利用をすることが出来ていますし、不便だなと感じることはなくて、こんなにお金が借りやすくていいのかなと逆に思ってしまいます。利用の仕方だけは間違えずに、考えて利用をして今後もキャッシングには力になってもらいたいです。

キャッシングにて2回番号を間違えたら必ず金融会社に電話

By: erokism

私たちが金融関連の商品を利用する時には、番号が求められるケースがしばしばあります。キャッシュカードなども、そう1つですね。ATMの機器などを用いてキャッシュカードで取引をするとなると、まず間違いなく番号を入力する事になるでしょう。いわゆる暗証番号です。そしてキャッシングでもその番号が求められる事になりますが、もしも忘れてしまっている時には注意を要します。なぜなら一定以上の回数で間違えますと、カードが使えなくなるからです。

例えばカードをATM機器に挿入をして、自分で正しいと思っていた番号を入力したとしましょう。ところが番号が違いますとの反応が戻ってきたとします。そこでもう一度入力をして、再度金融会社に情報を送信しても、また番号が違いますと戻ってきてしまう訳ですね。このような状態になっている時には、すでに要注意です。2回目までのミスならば大抵はカードは無効にならないのですが、3回目以降になるとさすがに難しくなる可能性があります。それでしばらくの間はカードが無効になり、借りれなくなってしまうのですね。そのような時には、大変焦ってしまうでしょう。意外と起こりがちなトラブルなので、気をつけた方が良いですね。

ではカードの番号を忘れてしまった場合はどうすれば良いかと申しますと、金融会社に直接電話で問い合わせるのが一番良いでしょう。大抵の金融会社では、フリーダイヤルでの番号を設置してくれています。そこに対して電話で上記のような状況を伝えますと、たいていは番号をに関する情報を教えてくれるからです。何せもう1回入力ミスをしてしまうと、カードが使えなくなってしまう危険度が高まってしまいます。

それだけは避けたいですね。カードが使えなくなってしまうよりは、むしろ金融会社に電話で問い合わせる方が、遥かに確実でしょう。とは言うものの、そもそも番号失念のトラブルが発生しないのが一番です。キャッシングでは、自分の番号を忘れないよう気をつけた方が良いでしょう。

果たしてキャッシングでは給料明細を準備できない専業主婦はどうなるか

By: danjo paluska

会社からお金を調達しようと思っている方々は、しばしば書面に関する不安を抱いているようです。特定の書面を確保するのが難しいので、果たして借りる事ができるかどうかが不安だと思っている方もいらっしゃるのですね。その1つが、キャッシングにおける所得の証明です。金融会社からまとまったお金を調達する時には、その書面が求められるケースが非常に多いのですね。つまり給料明細などの書面になります。

ところで一部の属性の方々は、その書面を確保するのが難しいと思っている事があるのです。例えば、主婦の方々ですね。その属性の方は、たまに配偶者に内緒にしています。ご主人に黙って借りたいと思っている方々も多いのですが、その場合は給料証明などを確保するのが難しくなるでしょう。ご主人の給料明細が必要になるとは言っても、そもそも内緒にしていると、それも困難になるのです。そうかと言って資金も必要なので、主婦の方としては困りますね。

しかしその場合は、金融会社の方で自動的に金額を調整するパターンがほとんどです。つまり証明書が求められる金額以上にならないように、金融会社の方で調節をするのですね。例えば給料明細が必要な金額が、50万円以上だとしましょう。そして上記のようにご主人に内緒にしたいと思っている主婦の方々などは、50万円以上の枠に設定されない事になります。なずなら明細書を提出するのが難しいからです。つまり新規申込の段階では、必ず金融会社の方で利用最高額を調整される事になります。ですのでご主人に話す必要は特に無いと考えて良いでしょう。

そしてそれは、新規申込だけでなく2回目以降の利用も同様になります。どうしてもご主人から給与明細を得るのが難しいのであれば、やはり50万円以下に限定される事になります。しかし専業主婦の方によっては、どうしても大きな金額を借りたい事もあるでしょう。その場合は、やはりご主人に話すことは必要になると思いますね。

利用目的に関する限定が特に無いキャッシング

By: Simon Cunningham

銀行には、融資に関連する商品が々あります。もちろんキャッシングなどもその1つになりますが、その商品は目的に関する特長があるのです。なぜなら様々な目的のために、借りたお金を利用する事ができるからです。そもそも銀行などが扱っている商品によっては、目的がある程度限定されているタイプも見られます。例えば教育関連の商品ですね。いわゆる学資目的に特化している商品なども見られるのですが、あれは利用目的はかなり限定される事になります。

その借りたお金は、必ず学費に充当しなければなりません。極端な話ですが、ギャンブルなどに用いてはならないのですね。ちなみにその教育関連の商品の申込をする時は、必ず銀行によるチェックが入ります。上記の利用目的に関する事は必ずチェックされますので、ギャンブルなどに用いることはできないのですね。また不動産物件に関連している商品も見られます。いわゆるマイホームなどを購入する時に、どこかの会社から資金を調達している方も多いのですが、もちろんその場合はマイホーム購入に限定される事になります。

このように理由使用開けるタイプの商品によっては、目的がかなり限定されているものが見られるのですが、キャッシングの場合はそうではないのですね。基本的に利用目的は自由になるのです。上記のようなギャンブルなどに用いても一向に構いませんし、個人的な趣味や買い物などに用いても全く問題はありません。もちろん前述の教育資金や不動産に関連する商品でも、何も問題は無いのですね。つまり利用目的が限定されていないのが、その融資商品の特徴の1つと言えるでしょう。

利用できるものがある程度限定されてしまうと、ちょっと窮屈な一面があるでしょう。しかしその融資商品は自由度が非常に高いので、ある意味それはメリットの1つだと考えられます。ですので個人的な趣味などのために資金調達を希望する方は、その目的が限定されていない商品を利用している事も非常に多いですね。